こどもといっしょに。

こどもといっしょに、体験したり、成長したい母の記録

《子連れ旅行レポ》たちばな四季亭(山代温泉)

今まで赤ちゃん連れで国内・海外旅行をした記憶を

残しておこうと思います。

 


次にまた自分が行く時や今後行く人がいれば

参考になれば、、、

 


私も初めて新幹線・飛行機に乗るとき、

旅行やテーマパークに行くとき、

ネットで参考情報をよく検索しております。

 


その時に、実際に体験した方のブログが役にに立ちました。

(私は残念ながら文章力はありませんが、、、

いつかはそういう記事を書けるように練習)

 


第1回目の子連れ旅行レポートは、

直近に行った加賀温泉郷・山代温泉の「たちばな四季亭」にします。

 


義父母の還暦祝いで、行きました。

 


新幹線の乗り方については、

また別途記事化する予定ですが、

私たちはベビーカーのまま突っ込めるように

必ず1番前の2人席をとっています。

f:id:kurashiiro:20190211151927j:image

 

前が壁なので、他のお客さんの邪魔になることなくベビーカーを入れられて息子の席にできます。

1番前以外だと、前の人がリクライニング出来なるし、

そもそも入れられないかもなので、避けてます。

 


ちなみに、自分達の足元は言うまでもなく激狭です(^◇^;)

 


ちなみに、義実家も北陸にあるので

そちらに寄って旅館へは車で行きました。

 


たちばな四季亭の私たちが宿泊したお部屋です。

 

f:id:kurashiiro:20190211151936j:image
障子を破らないか、物を壊さないか

心配でしたが大丈夫でした。

 


とにかく危なそうなものは高い所へまず置いて、部屋を整理するところから。

 


部屋の中にはいくつか段差があったので

1歳の息子は段差の練習もしてました。

 


今回は温泉は息子は入れず、部屋風呂に。

 


前回大浴場に行った時バタバタだったので。。。汗

 


息子用のお昼寝お布団も最初にひいてくれて、

助かりました。

 


夜寝るときは大人用のお布団にしてもらって、三枚をつなげて寝ました。

 


夕飯は宴会場を家族で貸切、

父母の還暦お祝いと美味しいご飯に。


かなり広いスペースだったので、

息子も歩き回ったり、、、

特に泣きわめいたりはなかったけれど

家族だけの安心感は絶大。

他の人を気にしなくていいのは助かりました。

f:id:kurashiiro:20190211152041j:image


息子以外にも親戚の子供がいるので、

その子たちと遊んだり息子の相手したり

家族の人にしてもらったりしながら

合間に自分のご飯をたべました。

 


肝心な息子のごはんは、

キューピーのお弁当。

こちらはスプーンが入っていないので、

スプーンを借りれるところでないと、

食べさせられない!ってなっちゃいます。

 


新幹線の中ではスプーン付きの

和光堂のお弁当にしました。

 


ただ、子供用の椅子に、ベルトが付いていないタイプでした。

1歳0ヶ月の息子はベルトがあるタイプの椅子でないと

座っていられないので、抱っこしながら食べたり、

親戚がもってきたバンボを借りたりしました。

(車で来た親戚はバンボも授乳クッションも持ってきていて、車社会だとそうなのかな?!)

f:id:kurashiiro:20190211152101j:image


せっかくなので夜ご飯のお品書きと、

少しの写真を。

f:id:kurashiiro:20190211152118j:image

f:id:kurashiiro:20190211152152j:image
f:id:kurashiiro:20190211152157j:image
f:id:kurashiiro:20190211152147j:image
f:id:kurashiiro:20190211152142j:image


美味しかったです。


還暦で主役の父母の部屋は、

露天風呂付きの広めのお部屋だったので、

息子もかなり遊ばせてもらって、

スロープの練習や階段の練習をしていました。

f:id:kurashiiro:20190211152517j:image
f:id:kurashiiro:20190211152247j:image
f:id:kurashiiro:20190211152242j:image
金庫破りも(´⊙ω⊙`)

f:id:kurashiiro:20190211152301j:image
以上、何も参考情報は綴れずただの日記になってしまいましたが。。。

 


とても良いお宿でした。

 


温泉旅館にきたら、

 


・赤ちゃんに壊されたくないもので、移動できる小物は移動させておく

 ・ポットも子供がさわれないところに

・掛け軸や障子など移動できないものは要注意

・お昼寝用にお布団を出してもらっておくとよい

・ご飯の時のキッズチェアはベルトがあるか、確認しておくと、予想出来てて安心。

 


等、次にも生かしたいと思います。

 

 

 

新幹線の記事や温泉の入り方などは

また別記事に残しておきたいと思ってます。

 


おしまい。