こどもといっしょに。

こどもといっしょに、体験したり、成長したい母の記録

《寝かしつけ》電気を消すタイミングを変更しスムーズに寝るように

ここ最近、寝かしつけもスムーズになってきて、

寝かしつけに使う私の気力体力が半分くらいで済むように。

その理由を私的に考えてみました。

 

今回の考察で注目したのは、

「電気を消すタイミング」です。

 

結論から申しますと、

「今まで寝る2時間前から明かりを落としてたけど、

寝る直前に暗くするのに変えた」

 

です。

 

前は、

暗めの明かりの中でダラダラ遊んでいましたが、

今は、

「暗くしたらすぐ寝る」というのを覚えてもらいました。

 

f:id:kurashiiro:20190303233644j:plain

 

今までの電気を消すタイミング

我が家は21時に息子が寝る(ことを目指している)ので、

19時か20時ごろから間接照明のみにしていました。

 

新生児のころからネットやら育児書やらを読んでいますが、

「寝る数時間前(や夕方)になったら明かりを暗くして眠りを促しましょう」

的なことが大半のアドバイスとして書いてありましたので、

我が家もそれに従っておりました。

まあ、たしかに、明るいと目が冴えるし、

周りが暗い方が眠くなりやすい気がしますよね。

 

お風呂もご飯も終わって、テレビも消して、

間接照明の中、息子と一緒に遊んで

眠くなるのを待ったり、

授乳したり、ネントレしたりする日々だったのですが。。。

 

なかなか予定時刻に寝てくれない日が多く

(寝てくだされえええええ)

と思っている日もありました。

 

19時から暗いから、19時なのに私は23時の気分。笑

暗闇にしてると、眠くなる効果、

私にはめっちゃ効いているのに、

なぜ息子には効いていない!?!?

 

という感じの日々だったのです。

 

寝る直前に電気を消す、に変えてから

 

寝る直前に電気を消すことになった理由は、

単にある日消し忘れていた日があったからです。

(家事やらなんやらが終わっていなくて、19時から暗くできず)

 

そしたら、その日はさささっと予定時刻に寝ました。

私の気力体力はいつもの半分くらいしか使わず、

今日はラッキーくらいに思っていました。

 

そして次の日もなんやらバタバタで、

電気を消すのが遅くなり、、、

 

そして、また電気を消したらすぐ寝かしつけモードにしてみたら、

またまたスムーズに就寝。。。

 

これは、もしや!!!

と思って、次の日も明るいままギリギリまで遊んで、

直前に暗くしてみました。

 

予想通り前よりスムーズに寝てくれるように、、、

 

結論

 

うちの息子はONOFF切り替えタイプだったのかもしれない!

と思いました。

明るければまだ寝ない、

でも暗くなったらすぐ寝る。

 

前は暗い中でダラダラ遊んでいましたが、

暗くしたら寝るんだよということを覚えてもらえたのかもしれません。

 

(早めに暗くするのはもう少し月齢が低いうちだけでよかったのかも?!)

 

おしまい。