こどもといっしょに。

こどもといっしょに、体験したり、成長したい母の記録

《自己紹介》わたしについて。

今更ですが、わたしについて。

「ブログを書くなら自分がどういう人か書いたほうがいいよ」

的な記事を読みましたので、

簡単にですが自己紹介させていただきます。

 

f:id:kurashiiro:20190219151637j:plain

  • 育児休業中のアラサー
  • 2018年に長男出産 
  • 都内の小さな1LDK在住 
  • マイホーム検討中
  • 子どもが遊べる場所や幼児教育に興味あり。
  • 英語も好きだけど残念ながら得意ではない…。
  • 麺類が好き。インテリアが好き。本屋さんが好き。

 

育児休業中のアラサー

保育園の関係もあり、2019年3月現在育休中の20代後半です。

育休中になにか形に残しておきたいと思い、

ブログを始めました。

 

2018年に長男を出産

予定日超過で促進剤からの出産になりました。

バルーンと促進剤を使用。

力が入ってしまい子宮口がなかなか開かなかったのもあり

分娩室に入ってしばらくしてから

無痛分娩に切り替えました。

それとは関係ないかもしれませんが、

出血多量で貧血になり、産後は2週間入院していました。

赤ちゃんには何も問題なく、元気に生まれてきています(^o^)

 

都内の小さな1LDK在住

現在都内の小さな1LDKに住んでいます。

結婚してから借りましたが、だんだん手狭になってきたのもあり、

マイホーム検討中です。

 

子どもが遊べる場所に興味あり

育休中ですので、

こどもといっしょにおでかけしたり、

体験したりして思い出をたくさん作りたいと思っております。

自分がネット検索をよくしていたのもあり、

今度は誰かの役に立てたらいいなと思い、

行ってみた所・やってみたことをブログに書いています。

もちろん、お外にいくことだけでなくて、

おうちでのんびりこどもと過ごす時間も大切にしてます。

 

幼児教育に興味あり

英才教育をするつもりはありませんが、

色々吸収するこの時期に、

色々なものに触れさせてあげたいと思っています。

どういうものに興味を持つのか、

どう習得していくのかも気になっています。

もう少し大きくなったら、

親がやらせてみたことではなく、

自分でやりたいものがでてくるかもしれないので、

そしたらそちらにシフトしたいとは思っています。

 

きっと英語が好き。でもできない私。

私の英語力は残念なレベルです。

大学時代の春休み・夏休みには

オーストラリアでホームステイしながら、

語学学校に短期で通ったこともありました。

しかし理想とするレベルには全然達していません。

なかなか本気では勉強する時間と気力が出てこず

継続できていないのですが、

それでもふとした時に

「英語で日記かいてみようかな」

「英語ユーチューバーでもみようかな」

「フォニックスやってみようかな」

と思ったりやってみたりするので、

英語は好きなんだと思います。

でも実力が伴わないから、恥ずかしくて大声で好きなんて言えない。

そんな感じです。

「英語ができない親ほど、子供に英語をやらせたがる」

的な雑誌記事を読み 、私のことか・・・と思いましたが、

今は遊びの一環として息子にも英語の音を聞かせてみたいと思ってやっています。

そして私も一緒に英語を楽しんでいます。

 

麺類・インテリア・本屋さんが好き

食べ物は麺類が好きです。

とくにラーメンとうどん。

子どもと二人の時はなかなかラーメンが食べられないので、

夫がいる時は結構な確率でラーメンを食べています。

 

インテリアは昔から好きで、

家具屋さんやモデルルームも好き。

今のおうちではオフホワイトと薄黄色を基調とした

ナチュラルなお部屋を目指しています。

 

本屋さんは色々な情報とわくわくで出来ているので好きです。

特にTUTAYA×スタバのような空間が好きです。

二子玉川や六本木などにありますね。

もっと色々なところにできて欲しいなあ。

小説は読まないのですが、

ファッション誌を立ち読みしたり、

子育ての本を立ち読みしたり、

ネットや住宅に関する本を立ち読みしたり、、、

え!?買わないの!?

パラパラみて、手元に欲しいと思ったら買います。

電子書籍より、やっぱりかさばるけど触れる本が好きだなあ。

 

以上、ゆるゆるとなりましたが、自己紹介とさせていただきました。

何か接点がある方、ない方も、

どうぞ宜しくお願い致します。

 

ちなみにブログとプロフィールのアイコンは

息子のニューボーンフォトになります。

 

最後までお読みいただいた方がいましたら、

ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。