こどもといっしょに。

こどもといっしょに、体験したり、成長したい母の記録

【子連れおでかけ】動物好きには東武動物公園

1歳2ヶ月の息子を連れて、東武動物公園に行きました。

息子の目線の高さの動物もいたり、

ふれあいコーナーが充実していたりと、

1歳前半の息子も楽しめました。

ホワイトタイガーなど貴重な大型動物も多く、大人も楽しめます。

同じ敷地内に遊園地もあり、もう少し大きい子供はより楽しめます。

 

 

 

アクセス 動物園側に駐車場あり

電車で行く場合は、東武スカイツリーラインの東武動物公園駅下車です。

そこから、徒歩10分。バスもでています。

 

駐車場は動物園側に約3000台入るスペースがあります。

駐車場は動物園側にあります。

そちらの入り口から入れば、動物園に近いです。

 

1歳児の目線の高さにも動物が

 

子連れで動物園を回る時、こどもに動物を見せようと

常に抱っこすることになるのは大変です。

ここ東武動物公園では、息子の目線の高さからも楽しめる動物がたくさんいて、

息子も自ら楽しんでいました。

f:id:kurashiiro:20190423125030j:image

 

ベビーカーに乗せながらも見れるサルエリア

まだ歩けない子供や、

こどもが歩き疲れたときなども、

ベビーカーに乗せたまま動物を楽しめるエリアもありました。

こちらのサルエリアにはいろいろなサルが息子の目線にいたので、

ベビーカーに乗せながら楽しむこともできました。

ちなみにかなりいろいろな顔のサルがいて、大人である私も興奮。

f:id:kurashiiro:20190423124353j:plain

f:id:kurashiiro:20190423124408j:plain

オシャレなさる。。

 

エサもあげられる!やってみました


ポニーや羊にエサをあげることもできます。

我が家は息子がポニーを気に入っていたので、

ニンジンをあげました。

100円で、少しだけ、、、そしてすぐ食べ終わってなくなる( ;∀;)

まぁ、子供が楽しめればよいでしょう。割高だけど。( ;∀;)
f:id:kurashiiro:20190423125045j:image

 

実際に触れる小動物コーナーも

ひよこやウサギを実際に膝の上に置いて触ることができます。

1歳2ヶ月の息子は、興味はもっていましたが、

なかなか自分でさわさわはしませんでした。

(それよりも外を歩き回りたい!と。)
f:id:kurashiiro:20190423125100j:image
f:id:kurashiiro:20190423125104j:image

 

ホワイトタイガーなどかっこいい大型動物も

東武動物公園といえば、希少なホワイトタイガー。

ホワイトタイガーとライオン前には特に人が多くいました。

チーターやぞう、きりんなど、メジャーな大型動物も数多くいます。

まだ動物を覚えたての子供にもぴったりなメジャー動物を近くでみれるのは

いいですよね。

上野動物園より、動物との距離が近かったように思いました。
f:id:kurashiiro:20190423125038j:image

f:id:kurashiiro:20190423124414j:image
f:id:kurashiiro:20190423124347j:image

お昼は少し早めに入るのがおすすめ

我が家は11時半過ぎ頃に中央レストランにて、お昼にしました。

家族5人でしたが、すぐに入ることができ、

広い席に座ることもできました。

そのすぐあと、12時ころになると、いっきに並びだし、

名前を呼ばれてからの入店となっていました。

子供はお腹がすきだすと、なかなか待っていられませんよね。

少し早めにレストランに入ることをおススメします。

f:id:kurashiiro:20190423125054j:plain

ハンバーグカレーです。おいしかった。

ちなみに、息子の離乳食を電子レンジで温めてくれました!

(向こうから提案してきてくれた)

サービスよし◎◎◎ありがとうございます。

 

その他にも動物と近づけるスペース

カンガルーやワラビー、ガチョウ、

そのほかにもまだまだいろいろな動物の柵の中に入って、

接近できるスペースもありました。

間近で見れて息子も大興奮。1日中遊べます。

 

2019年GWも休まず営業

公式HPによると、GWも休まず営業しているようです。

ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

園内も広く、駐車場も多いので、そこまで混雑は気にならないかと思います。

 

ちなみに、帰りの車で息子は爆睡でした。

沢山あそんだね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。