こどもといっしょに。

こどもといっしょに、体験したり、成長したい母の記録

となみチューリップフェアに行きました!(1歳3ヶ月)

令和始まりましたね。おめでたいです。

私は帰省先で平成から令和を迎えました。

今日は令和の始まりなので少し華やかにお花畑に遊びに行った感想を記事にしたいと思います。

平成最後の日に、富山県砺波市で行われているとなみーリップフェアに行きました。

 

 

300万本のチューリップは圧巻

となみチューリップフェアは約300万本のチューリップが彩る国内最大級の花の祭典です。

私は帰省先が北陸のため、旦那からチューリップフェアの存在を教えてもらいましたが、

そうでなければまったく知りませんでした。

東京にいる限りは、TVでもそんなにとりあげられていませんし、

SNSでも都内在住の方があげていることはほぼありません。

(遠いからだと思いますが)

 

でも、実際にいってみると想像以上にきれいで、

「なんでそんなに知られてないんだろう?」と思ってしまいました。

 

お花や写真が好きな方はぜひ行ってみてほしい場所です。

私はそこまで写真を重視していませんが、お上手な方でしたら「映え」な写真が撮れること間違いなしです。


f:id:kurashiiro:20190430163503j:image

 

 

花の大谷は高さもあるのでフォトジェニック

私たちが見たエリアを紹介したいと思います。

花の大谷のエリアは高さ4メートル、長さ30メートルのチューリップ回廊です。
f:id:kurashiiro:20190430163455j:image

高いところまでチューリップがあるので、

写真に収めたときに後ろ全面をチューリップで埋めることができます。

もちろん写真に収めなくても、見ているだけで幸せな気分になります。

入り口にいくまでに10分くらい並びましたが、並んだ甲斐はあります。

 

芝桜も綺麗。ピンクの丘があった

一面濃いピンクの丘があったので、近づいてみたら芝桜でした。

芝桜も普段みることがなかったので、間近で見ることができよかったです。
f:id:kurashiiro:20190430163439j:image

500円でチューリップの花かごが作れる

500円チューリップの花かごが作れるのですが、

なんと、好きな数だけチューリップを使ってよいのです!

色々な色や種類のチューリップがビニールプールに分類され浮かべられていて、

好きな花を好きな数だけ使えるスタイルになります。

皆様とてもきれいに花かごを作っていました。

かなり大量に花を入れている方や、色を統一している方など、

各々楽しまれていました。

私も実際に作ってみました。

センスがないのが残念ですが、いい思い出になりました。

おうちに持って帰ってリビングのテーブルに飾りました。

家で待っていた家族も喜んでくれたのでうれしかったです。

500円でこれが体験できるのはかなりお得だと思います。

f:id:kurashiiro:20190430163446j:image

 

人が多く1歳3ヶ月の子が歩くのは難しかった

敷地内はかなり広く、上記のエリアはほんの一部になります。

各エリアにきれいなチューリップがありましたが、

子連れだったため全部を見るのは難しかったです。

当日は人がかなり多く、1歳3ヶ月の子供が自由に歩くのは難しかったため、

ベビーカーに入れたり、抱っこしたりしていました。

息子も自由にできず我慢しているかなぁ?と思ったため、

今回は早めに帰りました。

 

公式HPではもっと見どころを紹介しているので、

気になる方はぜひみてみてはいかがでしょうか。

 

最後までおよみいただきありがとうございました。