こどもといっしょに。

0歳~2歳のママさん向けサイト

【1歳】プラレール博は1歳でも楽しめる?1歳児の楽しみ方

プラレール博の大型展示

 子供たちに大人気のプラレール博ですが、

1歳の子供でも楽しめるのでしょうか。

2019年GWに東京でプラレール博がやっていたので、

実際に1歳3ヶ月の息子を連れていってきました。

 私たちが行ったときは、2歳以上の子が多く遊んでいました。

会場で配られる迷子予防シールを背中に貼っている子が多かったので、

子供たちの年齢がわかりました。

実際に周りの子供たちと比較しても、

1歳の息子は頭1つ分小さかったです。

そんな1歳児とどのようにプラレール博をまわったのか、

我が家の楽しみ方を記載します。

 

この記事はこんな人におすすめ・1歳児をプラレール博に連れていくか検討中の方
・プラレール博の楽しみ方を知りたい方

私の体験と感想がお役に立てばうれしいです。

 

楽しめるエリアと難しいエリアがある

1歳の子供でもプラレール博を楽しめるのか。

我が家的結論から申し上げますと、

見て楽しむ「展示エリア」は楽しめるけど、

参加する「アトラクションエリア」は難しい

と感じました。

1歳3ヶ月の息子は、まだ言葉を完璧に理解しておらず、

規則やルールもわかっていません。

難しいことはできませんが、

電車やプラレールを見ることは大好きなので、

「ただ見るだけ」の展示エリアは十分楽しみました。

また、展示エリアの中にも並ぶ必要のある展示と、

並ばずに見れる展示があります。

1歳児は列に並んで長時間待つのが難しいので、

並ばずに見れる大型展示から優先的に見ることをおすすめします。

 

1歳児も楽しめる展示エリア

プラレールを指さす子供

展示エリアは1歳の息子も楽しそうに指をさしたり、

夢中になって見ていました。

走っている電車が目の前を通ったり、

なじみのあるトーマスや新幹線の展示を見つけると、

かなりテンションが上がっていました。

この様子を見ただけでも、親としては連れてきた甲斐がありました。

 

一番のおすすめは並ばない大型展示

展示エリアの中でも、

1歳児が見やすい展示・見るのが難しい展示がありました。

1歳児と楽しみたい場合、

並ばず見れる大型展示を優先的に見ることをおすすめします。

1歳児は「待つ」というルールを完全には理解していないため、

好きな電車を目の前にしたまま、

自分の番が来るまで長時間待つことが難しいです。

入り口近くの展示や、ジオラマの中に入れる展示は、

並んで順番にみる仕組みになっていました。

そちらもとても興味深い展示でしたが、

1歳児は列に並ばなくても周りから各々見ることのできる

大型展示が便利でした。

プラレール博の大型展示

 

大型展示は人が絶えず入れ替わったりもするので、

空きスペースをみつけたらグイグイ展示に近づいていきます。

最初は展示の周りにあるポールをくぐって触りたがりましたが、

注意し外から見るものだと理解した後は、

一人で立ってプラレールを見ることができました。

 

ガラス越しに見るプラレールも見やすい

プラレール博のガラス展示

ガラス越しに展示されているプラレールもありました。

ガラス越しの展示は小規模なものが多かったのですが、

1歳児も顔をくっつけて楽しんでいました。

大型展示よりは子すいていて、

子供が展示に手を出すこともないので安心です。

大型展示と同様、ガラス展示も1歳児におすすめです。

 

1歳児には難しそうな「アトラクションエリア」

アトラクションエリアは、別途チケットを購入し、

「プラレールつり」などを楽しめるエリアになります。

ゲームのルールを理解し、自分で手を動かして遊ぶエリアとなるため、

1歳息子には難しそうでした。

実際に遊んでいる子は3歳に近い子が多かったので、

今回はアトラクションエリアで遊んでいません。

一緒にやってみてもよいかなと思ったのですが、

かなりの混雑でした。

1歳の息子を長時間待たせた上に、

できるかわからないことをやってみるのは

負担になってしまうかなと思い、

今回はアトラクションエリアでの遊びを断念しました。

 

1歳児と楽しむプラレール博まとめ

日程にもよるかもしれませんが、

プラレール博はかなり混んでいます。

大型展示やガラス越しの展示を中心に、

興味があり見やすいところから、順不同に見ていくことをおすすめします。

1歳児は全部の展示やアトラクションを楽しむのは難しいかもしれませんが、

「半分楽しもう」くらいの気持ちで、参加してみると楽しく過ごせます。

我が家の記録がどなたかのお役に立てたら嬉しいです。

ぜひ1歳児とプラレール博を楽しんでください。

 

ちなみに今回楽しんだ2019年はプラレールの60周年記念の年でした。

我が家では60周年記念セットを購入しました。

セット内容も盛りだくさんで、これだけあれば十分に遊べます
電車やレール、踏切など最初に欲しいものがすべてまとめられていたのでプラレールデビューの方はいかがでしょうか。